Event is FINISHED

アリシア・ベイ=ローレルonブラウンズフィールド

Description
●○●○●地球の上に生きる●○●○●

ナチュラルに、自分たちの手を動かして、地球のリズムに沿って生きる。

そんな豊かな生活のありかたが、美しい絵と共に綴られている1970年代のコミューン生活のバイブル『地球の上に生きる』(原題Living on the earth)の著者、またオーガニックな歌声をもつミュージシャンでもあるアリシア・ベイ=ローレルが今年も来日します。そして有り難いことに中島デコさんよりご縁をいただき、ブラウンズフィールドにてアリシアの心のこもった音を聴いていただけることになりました。細胞が豊かになり人が自然の一部であることを想い出すかもしれません。

音響は南房総のお寺にレコーディングスタジオを構え、ア
リシアとも親交の深いmonk beatが担当します。波動スピーカーを使いブラウンズフィールドにいつにも増して安らぎのあるライブ空間をご提供させていただきます。ご期待くださいませ。

●○●○●○●○●○

○2016/9/23/fri
会場open15:00
ライヴstart15:30

○料金
2,000円(1drink付き)

○お問い合わせ先
山口:090-8238-0469

○会場
ブラウンズフィールド(ライステラスカフェ)
〒299-4504 千葉県いすみ市 岬町桑田1501−1
http://brownsfield-jp.com/

●○●○●○●○●○●○●○●

○アリシア・ベイ=ローレル(Alicia Bay Laurel)
1949年アメリカ生まれ。母親の影響で、ボヘミアンな生き方に憧れていた彼女は、高校卒業後、ヒッチハイクの旅に出る。そうしてたどり着いたのが、カリフォルニアの北部にあるウィラーズランチ、いわゆるコミューン。当時、ランチには100人ほどの自由人が、畑を作り、牛や馬を飼って生活していた。電気も水道もない森のなか、それぞれがやりたいこと、やるべきことをしながらの暮らし。そこでの生活を綴った著書『地球の上に生きる(living on the earth)』は日本でもベストセラーとなる。人が自然のなかで暮らしていくための叡智が詰まった著書は続編も刊行され、現在も増刷を重ね、2009年には総発行部数が8万部を超える。
シンガー・ソングライター、ミュージシャンとしても知られ、現在までに7枚のアルバムをリリース。ピースフルな歌声が多くの人の心を魅了している。
http://www.aliciabaylaurel.com/

○音響 monk beat studio 山口泰
San Francisco State Univ. 東京電機大学にて音響工学を学び、ビクタースタジオより独立。その後New Yorkへ渡りCHARA 、Crystal Kay、Britney Spearsなど国内外のメジャー・アーティストの作品に携わる。現在は千葉県南房総のお寺・薬王寺内にモンクビートスタジオを構えて活動中。エンジニアの他にも増上寺などでの音楽会のプロデュースやモンクビートとして楽曲制作も行っている。今年2月に3枚目のアルバム『GOEN』を発売。敬愛する音楽家はバッハ。
http://www.monkbeat.com/


Event Timeline
Fri Sep 23, 2016
3:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
ブラウンズフィールド(ライステラスカフェ)
Tickets
¥2,0001drink付き(当日会場払い)
Venue Address
千葉県いすみ市岬町桑田1501-1 Japan
Organizer
アリシア・ベイ=ローレル*Japan Tour2016
13 Followers
Attendees
1 / 40